ヘイト解消へ法案…禁止・罰則は盛り込まず


自民、公明両党は5日、特定の人種や民族に対する差別的言動を街頭で繰り返すヘイトスピーチの解消に向けた法案をまとめた。憲法が保障する表現の自由の重要性に配慮し、禁止や罰則の規定は盛り込まない理念法にとどめた。近くに国会提出する方針だ。

[PR]
by akikomichi | 2016-04-05 23:07 | 日記 | Comments(0)