天草沖で定置網にクジラ ザトウクジラの子どもか

4日午前9時半ごろ、天草上島西端の熊本県天草市志柿町沖で、定置網にクジラが掛かっているのを天草漁協の組合員が見つけた。すでに死んでいた。市と漁協で埋設を含めた処理方法を検討する。

 市水産振興課と天草漁協本渡支所によると、体長8メートル前後のザトウクジラとみられる。ホエールウォッチングの対象として知られる大型の鯨類。同課の話では大人なら全長14メートルほどになるので、見つかったのは子どもではないかという。

 定置網はヒラメやタイなどを取るために、200~300メートル沖に設置。田中治彦支所長は「有明海で見るのは珍しい。定置網が破れていたり、尻尾の破片が絡まったりしている。掛かった時には生きていたのではないか」とみる。

 長崎大水産学部の天野雅男教授(鯨類学)は「写真を見たが、ザトウクジラだと思う。沖縄や奄美など冬場の繁殖地から、ベーリング海やアラスカ沖を目指して北上している時期。全国的には年数回、こうした例がある」と話している。(渡辺松雄)


[PR]
by akikomichi | 2016-04-04 22:22 | 日記 | Comments(0)