医師が過剰になるならば

厚生労働省は31日、全国の医学部の定員を現状のまま維持した場合、2040年に医師数は1万8千人過剰になるとする推計結果を明らかにした。人口減少によって、必要な医師数も減っていくためという。ただ、日本全体でみた推計で、地域別は出していない。


 同日あった厚労省の検討会で示された。検討会は推計結果を踏まえ、将来の医学部定員数のあり方などを議論する。


 厚労省によると、16年度の医学部定員は計9262人。この数が将来も続いていくと仮定すると、全国の医師数は15年の27万4千人から、40年には33万3千人に増えるという。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

医師が過剰になるならば、医師も、海外で活躍する人も増えていく機会が増えるようになるように、促すことも必要になってくるのかもしれない。

看護師、介護士などの受け入ればかり叫ぶのではなく、こちらからも看護師、介護士、医師などが海外に進出できるようにこれから整えていくことも視野に入れて。

[PR]
by akikomichi | 2016-04-01 10:32 | 日記 | Comments(0)