「参法務委」 浅野参考人「(立法によって)公権力の裁量で不当な差別について判断するのはいかがなものか。社会の議論にまかせるべき。慎重な検討が必要」

「参法務委」 浅野参考人「(立法によって)公権力の裁量で不当な差別について判断するのはいかがなものか。社会の議論にまかせるべき。慎重な検討が必要」

〜〜〜〜〜〜〜

当たり前のことである。

北朝鮮からの拉致被害状況、昨今の核開発に伴うミサイル発射の威嚇行為の数々を、国民がいぶかることが何故、ヘイトスピーチになるのかがさっぱりわからない。
差別でもなんでもなく、その資金源を断つのが当たり前の国際的判断である。

まず、国民の声を聞くことから始めるべきである。
おかしいことはおかしいといえる社会が健全であるのは当たり前のことである。
それがなくなったら最後である。

天安門のように中国共産党一党独裁に因って、反対を唱えただけの若い学生を戦車に轢き殺されたくはない。

[PR]
by akikomichi | 2016-03-22 18:02 | 日記 | Comments(0)