結局 韓米合同演習現場には何もできない北朝鮮の臆病さが露見した形か

 【ソウル時事】韓国国防省関係者によると、北朝鮮軍は18日午前、平壌北方の平安南道・粛川一帯から日本海に向け、弾道ミサイル2発を発射した。1発は午前5時55分ごろで、飛距離が約800キロと推定され、関係者は「落下地点は日本の防空識別圏内」と述べた。もう1発は同6時17分ごろで、発射直後に失敗。17キロ上空でレーダーから消えた。韓国軍関係者は「2発とも中距離弾道ミサイル『ノドン』とみている」と述べた。

 日本政府は情報収集を急ぐとともに、国家安全保障会議を開き、対応を協議した。現時点で航空機や船舶への被害は確認されていないという。米国防当局者も発射を確認し、北朝鮮による弾道ミサイル技術の開発・利用を禁じた国連安保理決議に違反すると批判した。

 北朝鮮の中距離ミサイル発射は、2014年3月のノドン以来。北朝鮮は今月3日、新型多連装ロケット砲6発を発射し、10日には短距離弾道ミサイル「スカッド」2発を撃っている。

 ノドンは最大射程1300キロで、日本が射程圏内に含まれる。韓国軍関係者は「移動式発射台から撃ったとみられる」と述べた。 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


弾道ミサイルが発射された粛川

【ソウル米村耕一】韓国国防省によると、北朝鮮は18日午前5時55分(日本時間同)ごろ、平壌の北側に位置する平安南道(ピョンアンナムド)粛川(スクチョン)一帯から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射した。飛距離は約800キロで、国防省関係者は「中距離弾道ミサイルのノドンの可能性が高い」とみている。

     また、午前6時17分にも粛川一帯からミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体が発射され、上空17キロの地点でレーダーから消えた。何らかのミサイルを打ち上げたものの、爆発した可能性がある。いずれも移動式発射台(TEL)から打ち上げられたとみられるが、現時点で確認できていないという。

     聯合ニュースは、韓国政府筋の話として「北朝鮮の弾道ミサイルが日本の防空識別圏に落ちたことが観測された」と伝えた。また、北朝鮮はミサイル発射前に航空機や船舶の安全注意を求める航行禁止区域の宣言はしなかったという。

     ノドンの射程は日本の大部分を収める1300キロで、北朝鮮が発射するのは2014年3月以来2年ぶり。北朝鮮は今月3日に新型ロケット砲6発を日本海に撃ち、さらに10日にも飛距離約500キロのスカッドミサイルを日本海に向けて発射している。北朝鮮は今月7日から始まった米韓合同軍事演習に強く反発しており、演習に対するけん制とみられる挑発行動を続けている。

     また、朝鮮中央通信の15日の報道によると、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は弾道ミサイルの大気圏内再突入の模擬実験を視察した際、「核攻撃能力の信頼性をより高めるため、近いうちに核弾頭爆発試験と核弾頭装着が可能なさまざまな種類の弾道ロケット(ミサイル)試験発射を断行する」と述べていた。


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【ソウル=加藤宏一】北朝鮮が18日午前、「ノドン」とみられる弾道ミサイルを日本海へ発射した。2月7日に事実上の長距離弾道ミサイルを発射して以降、今月には3日に新型の多連装ロケット砲弾とみられる飛翔(ひしょう)体6発を、10日には短距離弾道ミサイル「スカッド」とみられるミサイル2発を発射した。相次ぐ軍事的な示威行為で、日米韓など国際社会に揺さぶりをかけている。

     金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、弾道ミサイルの大気圏再突入の模擬実験を視察した際に「近い期日に核弾頭爆発試験や核弾頭の装着が可能な様々な種類の弾道ロケット(ミサイル)試験発射を断行する」と述べたことが15日明らかになった。今回のミサイル発射との関連性は不明だが、国際社会の圧力が強まる中、核・ミサイル技術の向上に向けて、さらなる軍事挑発を続けるとの見方は根強い。

     北朝鮮は様々な種類のミサイルを保有し、射程300~500キロメートルのスカッドは韓国、同1300キロ程度のノドンは日本への挑発を意味するとの見方がある。これまで発射が確認されていない、米領グアムに届く射程3千キロ程度の「ムスダン」発射の可能性も取り沙汰されるが、韓国国防省の関係者は18日、「あらゆる可能性に備えて監視と備えをとる」と述べた。


    [PR]
    by akikomichi | 2016-03-18 11:56 | 日記 | Comments(0)