北朝鮮・平壌付近でM2.2の人工地震

 発破作業か2016/03/16 15:31
【ソウル聯合ニュース】16日午後0時半ごろ、北朝鮮・平壌の南東34キロの地点で人工地震が感知された。韓国気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は2.2、震源の深さは約1キロと浅く、核実験ではなく採石場での発破作業によるものと推定される。 今年1月6日に北朝鮮が核実験を行った際の人工地震はM4.8だった。気象庁は、発破作業に伴う人工地震はM1.0~2.5ほどと分析している。発破によるM3.0未満の人工地震は韓国国内でもしばしば観測されている。

[PR]
by akikomichi | 2016-03-17 10:49 | 日記 | Comments(0)