中国による東シナ海のガス田開発問題に関する提言

自民党は16日、東シナ海資源開発に関する委員会(委員長・原田義昭衆院議員)などの合同会議を党本部で開き、中国による東シナ海のガス田開発問題に関する提言を取りまとめた。中断している共同開発に向けた条約締結の協議再開を中国側に申し入れ、応じない場合は国際仲裁裁判所への提訴を検討するよう政府に求める。近く、安倍晋三首相に提出する予定。


 ガス田開発を巡っては、日中両政府は2008年6月、日中中間線をまたぐ海域の共同資源探査などで合意したが、その後の条約締結協議は、10年9月に尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件以降、中断している。



[PR]
by akikomichi | 2016-03-16 20:26 | 日記 | Comments(0)