「この災害で傷ついたすべての人々、特に愛する人を失った人々へ改めて哀悼の意をささげる」

【ワシントン=大木聖馬】米国のケリー国務長官は11日、5年を迎えた東日本大震災について、「この災害で傷ついたすべての人々、特に愛する人を失った人々へ改めて哀悼の意をささげる」とする声明を出した。

ケリー氏は「我々は日本の人々がこの悲劇に立ち向かった勇気を忘れない」と称賛した。米軍と自衛隊が協力して被災地支援を展開した「トモダチ作戦」について「彼らの努力は日米同盟の不朽の強さを証明した」と指摘。「米国は今後も日本に十分に協力し、被災地復興で残された課題に取り組み続ける」と強調した。



[PR]
by akikomichi | 2016-03-12 11:52 | 日記 | Comments(0)