金第1書記「核小型化」初発言 韓国国防省「まだ能力ない」 PRのためのパネルの一部は画像修正

 【ソウル=藤本欣也】北朝鮮の金正恩第1書記は9日の国営メディアを通じ、「核爆弾を軽量化して弾道ロケットに合致するように標準化、規格化を実現した」と主張し、「核抑止力」をアピールした。金第1書記がミサイルに搭載できるまでに核を小型化したと発言したのは初めて。

 ラヂオプレス(RP)によると、金第1書記は核兵器関連の科学者から「小型化された核弾頭」の説明を受け、こう述べたという。

 また韓国メディアなどによると、労働新聞は9日付1面で、金第1書記が、核爆弾の模型とみられる物体や、米本土に届く射程を目指し開発中とされる移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)「KN08」とみられるミサイル、弾頭部分の断面図とみられるパネルなどを見て回る写真が掲載された。パネルの写真の一部は画像修正され、文字が判読不能になっているという。

 米韓などは、北朝鮮が核実験を重ねて核の小型化技術を進歩させているものの、ミサイルに搭載できるほどの小型化には成功していないとみている。韓国国防省も9日、北朝鮮は「小型化された核弾頭とKN08の実戦能力は確保できていない」との見方を示した。


[PR]
by akikomichi | 2016-03-09 20:05 | 日記 | Comments(0)