隕石落下による死因説を否定

[ニューデリー 10日 ロイター] - インドの科学者チームは10日、同国南部タミルナド州で死亡した男性は隕石落下による初の死亡例とする見解について、疑いがあると述べた。


同州のジャヤラム首相は今週初め、同死因について隕石落下によるものと発表していた。


現場の工科大学で検証を行ったインディアン・インスティテュート・オブ・アストロフィジックスの科学者チームは9日、化学分析後でないと断定はできないとしながら、同チームの隕石探知専門家は、現場で回収された岩石の色が緑と青で、他小片が発見されなかったことから、隕石落下による死因説を否定した。


「通常、隕石から回収される岩石の色は、焼け焦げた石炭のような色をしており、表面が若干溶けている」と、同専門家は指摘した。


[PR]
by akikomichi | 2016-02-13 12:33 | 日記 | Comments(0)