慰安婦問題「もともともなかった。責任の半分は、嘘キャンペーンの朝日新聞にある」 西岡力・東京基督教大教授が指弾

 三重「正論」懇話会の第3回講演会が8日、津市の津市センターパレスホールで行われ、東京基督教大教授の西岡力氏が「激動する朝鮮半島とどう付き合うか」をテーマに講演した。

 西岡氏は、7日に北朝鮮が発射した長距離弾道ミサイルについて「米国に届くミサイルをつくることで米国の世論を刺激することと、在日米軍基地の攻撃を可能にすることがミサイル開発の目的だ」と指摘。「情勢の深刻さに日本国内の認識がついていっていない」と強調した。

 昨年末に日韓が合意した慰安婦問題については「もともとなかった問題で、責任の半分は嘘のキャンペーンをした朝日新聞にある」とした上で「もう半分は事実を調べもしないで首相に謝罪させ、嘘と判明した後も国際社会での名誉回復をせずに放置している外務省にある」と指弾した。


[PR]
by akikomichi | 2016-02-09 13:11 | 日記 | Comments(0)