新たに「第9航空団」を編成

沖縄県・尖閣諸島など南西諸島の防衛強化を受け、航空自衛隊は31日、那覇基地(那覇市)のF15戦闘機部隊を2隊(計約40機)に倍増し、新たに「第9航空団」を編成した。

航空団の新設は51年ぶり。

 那覇基地のF15戦闘機部隊は、領空侵犯に対する緊急発進(スクランブル)が主要な任務。中国が軍用機の活動を活発化させ、2014年度のスクランブルは468回と5年前の4・6倍に急増しており、防空体制を強化する狙いがある。那覇基地には今回、築城基地(福岡県)からF15戦闘機が追加配備された。

 この日の記念式典には、来賓や隊員ら約700人が出席。若宮健嗣・防衛副大臣は訓示で、「まさに国防の最前線というべき地域。任務に真摯しんしに向き合うことで、領土、領海、領空を確実に守り抜くことが可能となる」と話した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

沖縄の方々の、他国からの侵略の脅威を和らげられることを願う。


[PR]
by akikomichi | 2016-01-31 23:46 | 日記 | Comments(0)