「主権と領有権を守るため断固戦う」 ベトナム共産党大会で書記長が演説



 【シンガポール=吉村英輝】ベトナム共産党は21日、首都ハノイで第12回党大会の開幕式典を開き、最高指導者のグエン・フー・チョン書記長(71)は、南シナ海の領有権で衝突する中国を念頭に「主権と領有権を守るため断固として戦っていく」との姿勢をアピールした。

 今大会で再任が濃厚のチョン氏は「経済構造を改革し、工業化と近代化を強化する」と述べたうえ、悪化が指摘される汚職問題克服の必要性も認めた。

 一方、式典で議長を務めたグエン・タン・ズン首相(66)は、党内で書記長に次ぐ権力を握り、南シナ海問題で対中関係が悪化するなか、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を決めるなど、米国との関係強化と経済改革を進めてきた。だが、規定に従い大会終了後に指導部から外れるとみられ、同じ派閥内の若手が指導部入りできるかが注目される。

広告

関連ニュース


[PR]
by akikomichi | 2016-01-22 07:07 | 日記 | Comments(0)