「プラネット・ナイン(Planet Nine)」

 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは1月20日、太陽系外縁部で細長い軌道で巡る未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。

【拡大画像や他の画像】

 この天体は「プラネット・ナイン(Planet Nine)」と呼ばれており、地球の質量の約10倍、約45億キロ離れた海王星よりも20倍離れた軌道を、1万~2万年かけて周回しているとみられている。

 研究チームは太陽系外縁部の準惑星の軌道や「カイパーベルト」と呼ばれる海王星よりも遠くにある無数の氷や破片が密集する領域にある天体の動きに一定の法則があり、これらに影響を与えている天体があるのではないかと推測。数理モデルとコンピューターシミュレーションで大きな質量を持つ天体の存在を予想した。直接の観測に期待が寄せられている。


[PR]
by akikomichi | 2016-01-21 11:09 | 日記 | Comments(0)