慰安婦問題の著書巡る名誉毀損訴訟、請求を棄却

慰安婦に関する著書の内容が捏造ねつぞうだと言われて名誉を傷つけられたとして、中央大の吉見義明教授が日本維新の会(当時)に所属していた桜内文城ふみき・前衆院議員に1200万円の損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁は20日、請求を棄却する判決を言い渡した。

 原克也裁判長は「発言は意見や論評の域を逸脱しておらず、免責される」と述べた。

 判決によると、桜内前議員は2013年5月、同会の共同代表だった橋下徹・前大阪市長が慰安婦問題を巡る発言を釈明した記者会見に同席。この場で「従軍慰安婦は性奴隷」と記述した吉見教授の著書が取り上げられた際、「これは既に捏造であるということが、いろんな証拠によって明らかだ」などと発言した。


読売〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



[PR]
by akikomichi | 2016-01-20 21:20 | 日記 | Comments(0)