不条理な現実

生きるための売春反対。搾取反対。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

20151108171357787358

『それが知りたい(SBSテレビのドキュメンタリー番組)』でモンキーハウス(洛検者収容所)の実体が放送を通じて明らかになり、“日本軍隊慰安婦”問題解決への別の障害物になる可能性が高まっている。

モンキーハウスは朴正煕(パク・チョンヒ)政権時代、駐韓米軍を対象にした基地村の性売買女性の性病を治療した場所だと明らかになった。

さらに驚くべき事実は、当時政府の支援の下でドルを稼いで経済発展に貢献する性売買女性に『米軍慰安婦』という名称を使った事が判明した。

11月2日に青瓦台(大統領府)で行われた韓日首脳会談の際、朴大統領は日本軍慰安婦問題は、「韓国の国民が納得できる水準で解決したい」と安倍総理に解決方案に対する立場を伝えた。

だが安倍総理は会談が終わった後、日本に帰って慰安婦問題は既に1965年の韓日協定で終わった問題という点を強調した。

このように、日本の慰安婦問題に対する立場は以前と全く変わらなかった。ところが、『それが知りたい - モンキーハウス』の放送を通じて、韓国政府が基地村の性売買女性に『米軍慰安婦』という名称を使った事によって、今後の日本との慰安婦問題解決において火に油を注ぐ形になった。

状況がこのようになって、厚顔無恥な日本政府から補償どころか一言の謝罪も受けられないケースもあるわけで、逆に賊反荷杖(盗人猛々しい)式の非難の矢が飛んで来るかもしれない。

一方で7日の午後に放送されたSBSテレビの時事教養番組『それが知りたい』では、一度閉じこめられたら自ら出られないという『モンキーハウスと秘密の部屋』に対して深く掘り下げた。

通称『モンンキーハウス』と呼ばれる理由は、鉄格子にぶら下がった監禁女性がいわゆる動物園に閉じこめられた猿のようであるとし、当時の人々にそう呼ばれたからである。

今はみすぼらしく建物の骨組みだけが残っているモンキーハウスは、主に京畿道一帯に位置した。番組制作スタッフはソユ山の麓にぽつんと位置する2階建ての建物に直接入って行き、内部を隅々まで調べた。

建物内部の窓際には脱出できないようしした鉄格子で覆われていて、犯罪者を集めた監獄と同じだった。また各所に医療ベッドと古くて壊れた医療器具が発見された。

近隣の住民たちは、ここに入る人たちは性売買女性であると話した。当時の性売買女性は1週間に2回の性病検査を義務的に受けなければならず、性病に罹ると無条件にモンキーハウスに入れられて3日間治療を受けたと伝えた。

もし性病が治らなければ、10日でも1ヶ月でもここに監禁されて強制的に治療を受けなければならなかったと話した。番組制作スタッフはこれに関わる取材の途中、驚くべき事実を知る事になった。モンキーハウスを政府が大々的に管理していたというのである。

ソース:亜州経済(韓国語)
http://www.ajunews.com/view/20151108164320239




当時、京畿道一帯は東豆川(トンドゥチョン)と坡州(パジュ)を中心に、駐韓米軍が大挙駐屯していた。これらは性欲を解消するために基地村周辺で性売買をして、自分たちが性病に罹れば戦闘力が低下するという理由から、米軍側が韓国政府を相手に徹底的な性病患者の管理を要求したというのである。

これは厳然とした違法だが、当時経済的困難にあった我が国は性売買女性がドルを稼いで国家の経済発展に貢献するという理由から、これを積極的に受け入れて基地村の浄化対策に総力を尽くした。

米軍側の要求と政府の支援で監禁されて、強圧的な性病治療を受けなければならなかった性売買女性は、モンキーハウスに入ると無条件で注射(ペニシリン)を打たれたと伝えた。

その注射を打てば我慢できない痛みはもちろん、酷い場合には全身がパルルと震え、一部の女性は急性ショックによって30分後に死亡する事も茶飯事だったと話した。

また、全北(チョンブク)群山(クンサン)に位置する小さな村は一般人は出入りする事はできず、ただ米軍だけが利用できる『アメリカタウン(淪落タウン)』があった。 ここは現在廃墟になっていて、番組製作スタッフがその内部を詳しく見るとおびただしい数の3坪余りの小さな部屋が数多くあり、なんと600以上の部屋の中に売春婦が集まって住んでいたと話した。

さらに衝撃的な事実は当時の『アメリカタウン』を設立して管理した者は、5.16クーデターの中心勢力で中央情報部幹部を務めた白泰夏(ペク・テハ)大領(大佐)だった。 性売買女性を利用して快楽新都市を作り、米軍を相手に営業してドルを稼いで国家経済に貢献したという理由によって、政府から免税恩恵とさらには大統領表彰まで受けたという事実が信じられなかった。

政府の支援に乗って、米軍にきれいな性を提供するために設立された『モンキーハウス』。 貧しい時代の夢多き10代の少女は職業紹介所を間違って訪ねて行き、英文も分からないまま悔しくも性売買店に売られた後米軍政府から、そして政府から、保護どころか人権侵害を受けて暗い人生を送らなければならなかった。

当時の基地村の性売買女性は、政府からそっぽを向かれたまま暗い人生のトンネルを通って病んで衰えたハルモニ(お婆さん)になった。これらの濡れ衣を少しでも解く事はできないのか、昨年の6月25日に122人の基地村のハルモニは国家を相手に訴訟を起こした。



一部からは周りに苦労しながら大変な人が多いのに、どうして敢えて性売買女性にまで手を差し伸べるのかという主張をする。しかしこれらは大韓民国の国民で保護を受ける権利がある。望まない強圧によって性売買に足を踏み入れ、闇の中から抜け出せない女性が多い。

社会構造の最底辺にいる人々の困難に触れてこそ、よりさらに大変な人々を一度でも眺めてあげて少しでも助ける手を差し出せないか。 国家の経済発展という名目の下、跡形もなく隠された政府の両面性と当時のモンキーハウスの被害者の痛みを一度振り返らなければならないだろう。



[PR]
by akikomichi | 2015-12-25 08:12 | 日記 | Comments(0)