米カリフォルニア州サンフランシスコ市へ姉妹都市の大阪市より書簡

米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会で9月に採択された慰安婦碑または像の設置を支持する決議に関し、姉妹都市の大阪市は、橋下徹市長名で適切な対応を求める公開書簡を市長宛て(9日付)に送った。


 橋下市長は「慰安婦の問題を正当化する意図は全くない」とした上で、「日本の『特異性』という誤った認識に基づき、碑文に間違った事実が刻まれるのではないか」と懸念を表明。サンフランシスコを学区に含む教育委員会が10月、「日本軍下における慰安婦の歴史の教育的要素をカリキュラムに取り入れる」と決めたことにも危惧を示した。


[PR]
by akikomichi | 2015-12-19 21:29 | 日記 | Comments(0)