こくみんをおもいやるのをものおしみ ざいげんざいげん だいがっしょう

こくみんをおもいやるのをものおしみ ざいげんざいげん ちまなこのわけ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 日米両政府は16日、2016年度から5年間の在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を現行より微増とすることで合意した。11~15年度分より約130億円増の総額9465億円となる見通しだ。


 現行水準に近い1年当たり1880億円規模で調整していたが、物価上昇に伴う労務費増による増額は、米軍の効果的な運用を支えるために必要と判断し、米側に譲歩した。


 20年度までの5年間の予算規模は、15年度の1899億円を「目安」として設定。これに基づき5年間の総額を推計すると9465億円、年平均は1893億円となる。11~15年度の総額は9332億円、年平均は1866億円だった。


 総額を単純比較すると約130億円増になるが、今後、労務費が変動する可能性もある。中谷元防衛相は防衛省で記者団に「今年度予算額の水準をおおむね維持するものだ」と説明した。


 合意内容では、基地内の福利厚生施設の労務費は、日本側が負担する人数を4408人から3893人に削減する。一方で、艦船や航空機などの維持・整備や基地司令部の事務に関わる従業員は、日本側負担を1万8217人から1万9285人に増やす。


 日本側は、安全保障関連法の成立で自衛隊の負担が増えることや厳しい財政状況などを理由に減額を主張。米側は、アジア太平洋地域に安全保障の軸足を移す「リバランス(再均衡)」政策を進め、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイや弾道ミサイル対応型イージス艦などの日本配備で負担が増すとして増額を要求し、交渉が難航していた。【村尾哲】



毎日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[PR]
by akikomichi | 2015-12-17 16:10 | 日記 | Comments(0)