「もう一度、爆発物を仕掛けようとした」=靖国侵入容疑の全容疑者―警視庁

 靖国神社で爆発音がした事件で、建造物侵入容疑で逮捕された全昶漢容疑者(27)が逮捕当初、事件への関与に加え、「もう一度、爆発物を仕掛けようとした」という趣旨の供述をしていたことが11日、関係者への取材で分かった。その後否認に転じたが、再入国時の荷物から火薬のような粉末などが見つかっており、警視庁公安部が裏付け捜査を進めている。


 公安部によると、同神社で爆発音がしたのは11月23日午前10時ごろ。トイレの床には乾電池や焼けた形跡のある電池ケースなどが散乱し、穴の開いた天井裏からは火薬のようなものが詰まった金属パイプが見つかったが、建物自体に大きな損傷はなかった。


 全容疑者は当時、日本に3日間滞在し、事件当日に帰国。9日に羽田空港から再入国した際に、靖国神社への建造物侵入容疑で逮捕された。 


時事〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[PR]
by akikomichi | 2015-12-11 17:33 | 日記 | Comments(0)