『たなごころ』

本棚の硝子が、ぼろぼろと、くだけちったのは、朝ごはんを食べている時であった。

昨日から、外でボーリング工事を始めていたので、その震動に耐えられずに砕け散ったのだろうか。

ボクサーが打たれ続けて、知らぬ間に頭蓋骨の内面に居ながらにしてやわらかい脳がほろほろと雪崩のごとく崩れていくように。

太い木枠が気に入って手に入れたのだが、ところどころ、防弾ガラスのように分厚い硝子が使ってあり、その中央部分の一番上の棚の真ん中の硝子だけ、突如として、崩れ落ちたのだ。

北極の氷が海に崩れ落ちるように。


手の中の読み古した本の山の崩れ落ちた硝子の一角。


出勤まで時間がないので、お互いもくもくと何事もなかったように朝ごはんを食べることにした。

食事制限から解放されたちょっといってしまったボクサーのように。



食事を終えると、山積みにされた磨かれていない金剛石の粒の山の中から、拾い上げた。

ある一冊の本であった。

『暗号の世界史』。

なぜか、昨日から「暗号」について考えていたのだが、その答えが載っているような本であった。

共時的な朝。

お手紙における暗号。

ラジオ放送における暗号。

リスナーからのリクエストもさることながら、リスナーからのお便りそのものが、暗号となっているという、ある北朝鮮の工作員の証言が載っていた。

音に乗った言葉の暗号。

明かりの必要な手旗信号などでは通用しない、暗闇でさえ伝わる音の世界。

しかし、お互いに、その暗い音を聞き耳をたてて聞いて、理解できるキーワードかなくてはならないのだという。

二人だけの秘密のように。

見えないものがみえてくる、あわいの世界。

目と目など通じ合わなくとも、それだけで通じる音の世界があるとは。

音の震動にやられながら、くだけちった脳みそであっても、硝子のようにきれきれに拾い集めるのだ。

いつかやってくるとも思わなかった雪崩がやってきた、今日という朝に。


などと思いながら、連れ合いの本も行き倒れた屍体のように転がっていたので、その背表紙を見た。


『何も共有していないものたちの共同体』。

われわれは、日常を共有しながら、何も共有していないのだ。

と言われているように、そこに転がっていた。

朝だというのに。

屍が累々と積まれている中、闘争し逃走した姿格好を変えた便衣兵のように、何処か別の場所で、新たな場所を作る為の崩壊の始まりのように。

われわれは、砕け散った無言のままの本と硝子を整理し続けた。


連れ合いが、本を手に持つと、眼に見えないほどの小さな硝子で手を切った。

これもひとつのたなごころ。

などと思いつつ、硝子で切った手を流れる赤々とした血を見て、痛みのようなものを「何か」と共有していた。


血判書ができたように本に染みこんだ血痕を見て思った。


あのひとの命日であった。




[PR]
by akikomichi | 2015-12-04 22:21 | 詩小説 | Comments(0)