『軍事化するつもりはない』とした習近平シージンピン国家主席の誓約

【ワシントン=今井隆】カーター米国防長官は7日、西部カリフォルニア州で演説し、南シナ海に中国が造成した人工島の12カイリ内での米艦艇の巡視活動について、「再び実施する。私たちは本気だ。国際法が認めるあらゆる場所で飛行、航行、活動を続ける」と述べ、同様の活動を今後も行う意向を改めて強調した。

また、「南シナ海を『軍事化するつもりはない』とした習近平シージンピン国家主席の誓約を、中国は守らなければならない」と述べ、人工島を軍事拠点化しないよう中国側に重ねて要求した。

 カーター氏はロシアにも言及し、「ウクライナで主権を侵害し、シリアでは(空爆によって)危険な火にガソリンを注いでいる」と強く批判した。



[PR]
by akikomichi | 2015-11-18 23:13 | 日記 | Comments(0)