希望のないこと

自民党の谷垣禎一幹事長は17日、パリの同時多発テロ事件を受けて、テロ撲滅のための資金源遮断などの対策として組織的犯罪処罰法の改正を検討する必要があるとの認識を示した。改正案には、重大な犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象となる「共謀罪」の創設を含める見通しだ。


 この日の党役員連絡会で、高村正彦副総裁が「資金源対策を含む国際条約ができているのに、日本は国内法が整備されていないために批准できていない。しっかりやっていかなければいけない」と指摘。谷垣氏も会議後の記者会見で「来年の伊勢志摩サミットでテロ対策に向けて、いろいろ考えなければならない」と述べた。


 2000年に国連で国際組織犯罪防止条約が採択された。日本政府は03年から共謀罪を創設するため、組織的犯罪処罰法の改正など関連法案を国会に出してきたが、世論や野党の反発で計3回廃案になっている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いよいよ、つかまえたいものをなんでも捕まえられるようになりそうで、怖い世の中である。


なんでも、理由はでっち上げられるので、誰が何を言おうと信用出来ない世の中になる。


いままでも、そうだったか。


希望のないことである。






[PR]
by akikomichi | 2015-11-17 22:26 | 日記 | Comments(0)