夢野久作の動画発見 80年前、父の骨つぼを抱え [福岡県]

夢野久作の動画発見 80年前、父の骨つぼを抱え [福岡県]

2015年11月13日 03時00分
父の遺骨を抱いて旧博多駅のホームを歩く夢野久作の動画(杉山満丸さん提供)

父の遺骨を抱いて旧博多駅のホームを歩く夢野久作の動画(杉山満丸さん提供)

旧博多駅のホームを歩く夢野久作の一行。ホームには右から「はかた」と横書きされた看板が見える(杉山満丸さん提供)

旧博多駅のホームを歩く夢野久作の一行。ホームには右から「はかた」と横書きされた看板が見える(杉山満丸さん提供)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜これは見たい。当時が偲ばれる。

 福岡市出身の小説家、夢野久作(幼名杉山直樹、1889~1936)が、1935年に父親の政治運動家杉山茂丸の葬儀で福岡に戻った際の様子を撮影したモノクロ動画が見つかった。久作自身の動画は非常に珍しい上、現在地に移転する前の旧博多駅の様子もはっきり写り、郷土史を検証する面でも貴重な史料と言えそうだ。22日から福岡市博多区大博町の立石ガクブチ店である「夢野久作の童話展」で公開される。

 動画を記録したフィルムは昨年、茂丸と親交の深かった筑豊の炭鉱主、中島徳松の子孫宅(東京)で発見。今年4月、DVDの形で、久作の孫の杉山満丸さん(59)に贈られたという。

 今回公開するのは動画のうち6分49秒。蒸気機関車が駅に到着する場面で始まり、羽織はかま姿の久作が白布に包んだ骨つぼを抱え、駅員に先導されてホームを歩く様子などを収めている。駅舎には、右から横書きされた「はかた」の駅名看板も見える。久作は翌年、脳出血のため急死した。

 童話展の主催団体「ハカタ・リバイバル・プラン」の立石武泰会長(63)は「80年前の博多の映像自体珍しい。当時の駅員の服装なども分かり、史料としても重要」。童話展は28日までの正午~午後7時。動画は終日上映。入場無料。

=2015/11/13付 西日本新聞朝刊=



[PR]
by akikomichi | 2015-11-13 07:53 | 日記 | Comments(0)