ひとさまのかねをくいつぶして遊興か あさひしょうれいのカジノかいごろうじん施設に税金出すな

朝日は、韓国ではパチンコを禁止しているのを知っていながら、日本ではしょうれいとして紹介しているところが、心底、気持ち悪い。

朝日系は本当に信用出来ない。

慰安婦関連に関しても、元日本人で今韓国人がしているのをふせて報道しない自由をフル活用する底意地の悪い戦略ももう一般の日本人には見え透いてきているというのに、パチンコに関してもまだしらを切り、いうべきことを言わないで、都合がいいところだけ紹介するいやらしさ。

こういうところだけは、バランスを取ろうとする、報道する側のプロパガンダには心底辟易する。


教育界もしかり。

東京大学名誉教授の上野某の慰安婦問題においても、「日本」政府はじょせいに保障をというまえに、もと日本人であり、いまは韓国人である人には、すでに現韓国政府に莫大な補償金をかつて払っていることを無視し、いつまでも日本が悪いと言いたいがために、己の教授の身の保身のために活動するのはもう辞めるべきである。日本の教授になれる大學の殆どは、左系歓迎であり、教育が偏りすぎている。


日本をこき下ろすものは受け入れられ、日本を擁護するものは無視されるか、レッテルを貼る。

日本を貶めていれば安泰の教育界、無難なところでお茶を濁すのがせいぜいの、保身ばかりの教育界。

へたなことをいうものは、出版も干され、仕事も干され、金の力で干されるという悪循環。


いつまでたっても、日本は浮かばれないのはそういう教育の偏向が支えているのであり、これから、そこからかえていくべきである。


日本のこれからの人たちが食いつぶされていくのは、もう我慢ならない。

このような老人を見て育つ子どもが、どうなるか。

絶望する。

あんな奴のために生きているのではない。

これからの世代が自分のために生きているのを邪魔されてまで奉仕するべきことではない、考えれば誰でもわかることを、これ以上、プロパガンダで歪められっぱなしの日本で、のさばるものの天国にしてはいけない。

介護保険から施設費用などで吸い取られるのは我慢ならない。

どうでもいいパチンコなどで遊ぶ馬鹿な老人に、へらへらと吸い取られるのは我慢ならない。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

パチンコやマージャンなどを介護予防につなげる「アミューズメント型」「カジノ型」と呼ばれるデイサービスが関東を中心に増えている。一方で、こうしたサービスを提供する施設を介護事業所として指定しないで規制する動きも出てきた。


■「会話が弾む」


 「ロン! やったー」。横浜市都筑区のデイサービス「ラスベガス横浜都筑店」では、約200平方メートルのフロアに高齢者のにぎやかな声が響いていた。


 約20人の利用者がパチンコ台やマージャン台に向かう。疑似通貨「ベガス」を1日最大2万単位渡され、その日最も多くのベガスを獲得した人を表彰する。換金はできない。


 ストレッチや個別リハビリなど40~50分間の運動、食事、入浴などの時間を除くと、利用時間約7時間の半分がレクリエーションの時間という。


 利用者の男性(73)は、これまでに6カ所のデイサービス施設を試したが、いずれも1日でやめたという。「これまでは、ほかの利用者に話しかけても無視された。ここは会話も弾むし毎週来るのが楽しみ」と話す。


 運営する日本エルダリーケアサービス(東京都)は2013年以降、東京、愛知など5都県で「カジノ型」施設を8カ所で展開する。森薫会長は「パチンコならお互い『出てますね』と声をかけ、コミュニケーションがとれるようになる。大半は週1回の利用で、射幸心をそそることは全くない」と説明する。


[PR]
by akikomichi | 2015-10-26 09:55 | 日記 | Comments(0)