国庫に返すことが

 橋下徹大阪市長(46)は19日のツイッターで、24日に開く維新の党の「臨時党大会」で同党の解党を決議し、政党交付金の国庫への返納を目指すと表明した。橋下氏はすでに離党しているが、同氏とともに新党「おおさか維新の会」の結成を目指す「大阪系」国会議員や地方議員も解党に賛同するとみられる。

 橋下氏は「維新の党は日本にとって百害あって一利なし」と松野頼久代表らを批判。「これからつぶしにかかります」と解党を宣言した。「政党交付金を山分けするために分党だと報じられているが、分党など認めない」と強調。「維新の党をつくった者の責任」と創業者としての立場から「解党し支払いを終えて残ったお金は国庫に返納する」とした。政党交付金は年4回に分けて支給され、維新の党は20日に3回目の約6億6600万円を受け取る。橋下氏が主張する解党の場合、政党交付金は新党だけでなく松野氏ら残留組にも交付されなくなる。

 維新の党の今井雅人幹事長は同日、橋下氏の主張に「支離滅裂。主張がころころ変わっており、理解できない。橋下氏は党を離れた赤の他人だ。『解散だ、分党だ』と言うのはおかしい」と指摘した。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


国庫に返すことが正しいと思う。


[PR]
by akikomichi | 2015-10-20 11:08 | 日記 | Comments(0)