「収賄が国連内で常態化していなかったかどうか」捜査

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米ニューヨーク検察当局は6日、国連総会のジョン・アッシュ元議長ら5人を、中国の不動産業者から130万ドル(約1億5000万円)を超える賄賂を受け取った疑いで逮捕した。連邦判事は「収賄が国連内で常態化していなかったかどうか」捜査を続けるとし、今後、さらなる逮捕者が出る可能性も指摘した。

当局によると、アッシュ容疑者らは、別の容疑で逮捕されている中国人不動産開発業者の富豪、呉立勝容疑者らから、マカオに国連関連施設を建設する見返りに50万ドル以上を受け取った疑いなどが持たれている。呉立勝容疑者は9月、2013─15年に中国から米国に大量の賭博資金を持ち込んだ疑いで逮捕された。

アッシュ容疑者は、13年から1年間、総会議長を務めていた。



[PR]
by akikomichi | 2015-10-07 10:07 | 日記 | Comments(0)