ユネスコの政治的利用に対する懸念

 菅義偉官房長官は2日午後の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に関する4日からの国際諮問委員会で、中国が申請した旧日本軍による南京事件と従軍慰安婦の史料の登録の可否が審査されることについて、「ユネスコの政治的利用に対する懸念を説明し、慎重な審議を行うよう強く申し入れている」と述べ、登録に反対する考えを改めて示した。 



[PR]
by akikomichi | 2015-10-02 22:24 | 日記 | Comments(0)