「脈動オーロラ」コーラス

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所太陽系科学研究系の浅村和史助教、名古屋大学太陽地球環境研究所の三好由純准教授らは、オーロラが数秒ごとに明滅する仕組みを解明した。小型高機能科学衛星「れいめい」の観測データなどを分析し、宇宙で自然に発生する電磁波「コーラス」が引き起こすことを見いだした。

 オーロラは、宇宙から降る電子が高度100キロメートル付近の超高層大気と衝突して発生する。数秒ごとの明滅は「脈動オーロラ」と呼ばれ頻繁に起こるが、その仕組みは解明されていなかった。
 研究グループは、宇宙から降る電子とオーロラの同時観測などが可能な「れいめい」などを利用して解析。その結果、8000エレクトロンボルト程度の電子が、大気に降ったり降らなかったりして脈動オーロラを作ることを特定した。そうした電子の変調は、数秒ごとに集団的に発生するコーラスが引き起こすことも突き止めた。
 コーラス発生の仕組みは、2016年度に打ち上げ予定の「ジオスペース探査衛星」の観測により、解明を目指す。





[PR]
by akikomichi | 2015-09-29 10:23 | 日記 | Comments(0)