中国による南シナ海の岩礁埋め立てや軍事拠点化について名指しを避けながら「深刻な懸念」を共有

安倍晋三首相は15日、ベトナム最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長と首相官邸で会談した。中国による南シナ海の岩礁埋め立てや軍事拠点化について名指しを避けながら「深刻な懸念」を共有。安倍首相はベトナムに対し、南シナ海での海上警備強化を目的に中古船の追加供与を表明した。


 両首脳は海上保安や防衛分野での協力強化を柱とした共同声明を発表。チョン氏は声明で、安倍首相の戦後70年談話について「歴史から深く教訓を得て平和国家として歩むとの誓約」と評価。記者会見では、審議中の安全保障関連法案を念頭に「地域や世界の平和のための日本の積極的な貢献を歓迎する」と述べた。中国と対立する南シナ海問題や投資をめぐり、日本からの一層の協力を取り付ける狙いがあるとみられる。


 安倍首相は、ベトナムの港湾、高速道路、総合病院など「質の高いインフラ」整備のために総額約1千億円の円借款を供与すると表明。両国は農業協力の一環として、病害虫の問題から生果実の輸入が禁止されていた日本産リンゴとベトナム産マンゴーの輸入を相互に解禁した。(武田肇)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


もし中国とベトナムが戦争にでもなったら、でもに参加している人たちはどう思うのでしょうね。


ベトナムが武器を持ったから戦争になったとでも言うのでしょうか?


誰も殺させないと言いながら、チベットの人は殺されていますよ。


ウイグルの人たちは殺されていますよ。


それでも、なんとも思わないならば、あなた方の平和は口先だけの自分さえ良ければいい平和である。


自分も守るために、相手に無謀なことをしないように説得することをしないで、何をほざいているのか。


彼らの言うことは、何も響かないし、自己陶酔でしかないばかりか、日本を滅ぼすよう仕込まれたものとしか思われない。


尖閣でも十分わかっているだろうに、もう忘れたのか。


中国が無用な施設を作っているとひとことも言わないデモの人たちを心底、軽蔑するし、武器を見せびらかすものには何も言わない、日本政府のように国民には最初から手を出さないとわかっているところでだけ騒ぎまくる卑怯さと、脅されるととたんに黙りこみ従順に従う「不気味な不穏さ」を感じる。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「永田町近辺にも住居がある。小さな子を持つ方は寝かしつけるのも大変だったのではないか」


 次世代の党の和田政宗参院議員は15日の参院平和安全法制特別委員会の中央公聴会で質問に立ち、14日夜に国会議事堂周辺で行われた安保関連法案への抗議集会に関し、こんな感想を口にした。


 次世代は法案に賛成の立場。和田氏は抗議活動について「憲法上認められた権利だ。国会議員は当然、許容しなければならない」とも述べたが、午後9時以降も太鼓の音や大声が聞こえてきたことに触れ、「平穏なデモ、抗議活動ができないものだろうか」と指摘。「日本は良い国だ。中国のウイグルやチベットで抗議活動をすると、銃を乱射されて射殺される」とも述べた。


 14日夜の抗議集会は市民団体が主催。主催者発表では、約4万5000人が参加したという。【青木純】



[PR]
by akikomichi | 2015-09-16 06:45 | 日記 | Comments(0)