反日地方紙の正体


3年ほど前に、弊社で『反日地方紙の正体』(日下公人・責任編集)という本を出しました。
増刷を繰り返すなど、保守層を中心にかなり話題になったのですが、「沖縄タイムス」
「琉球新報」の“二大巨頭”をはじめ、その紙面はますます過激になるばかりです。
 ご存知の方も多いかもしれませんが、首都圏や近畿圏などを除けば、その地域で圧倒的
な存在感を誇る地方紙というものが存在します。県内のシェア80%近くといった県紙も
珍しくないばかりか、県内の政官財界に多大な影響力を持ち、県内の大きなイベントなど
には必ず名を連ねます。さらに、亡くなった方や生まれたばかりのあかちゃん、高校や大学
の合格者氏名まで掲載することで、その地域の人々にとっては、まさにゆりかごから墓場まで
お世話になる新聞なのです。
 これは「地域密着」という点で、非難するべきものではないのですが、問題は、それほど
影響力のある紙面がまさに反日一色という場合が非常に多いのです。地元県政などには
「完全与党」であるにもかかわらず、なぜか国政になると突然「反日」になってしまうのです。
 この理由について、本書では、大部分の地方紙が共同通信から記事の配信を受けていること、
中には、社説まで、その主張を丸写ししていること、地方の記者がいまだ左翼史観にこりかたま
って思考停止していることなどを実例に基づいて解説していますが、最近になって、これは編集
レベルだけの話ではないと思えるような出来事がありました。
 詳細は省きますが、ある地方紙から弊社の書籍広告の掲載を拒否されたのです。この本ではな
く別の本なのですが、なんと「朝日新聞批判の部分を削ってほしい」というのです。さらに別の
書籍の時も、違う地方紙から「韓国を批判する本は載せたくない」とのクレームを頂きました。
もちろん、相当なやりとりがあった上で、こちらもそのような新聞への掲載は拒否したのですが、
担当者もその上司も、何が問題なのかまったくわかっていない様子でした。これはあくまで想像
ですが、おそらく普段は地元企業などに対して「広告を載せてやっている」という態度なのでしょう。
広告の内容についても、だれに対して何に気を使っているのか全く話が噛み合いませんでした。
 もちろん、まっとうな地方紙もたくさんあると思います。ただ、地元の大企業然として
「井の中の蛙」になり、言論の中身については、朝日の記事や共同の配信を有難がって思考停止して
いるだけでは、新聞界全体のためにもならないと思います。本書を責任編集していただいた日下先生

が担当した論文にこんな下りがあります。
 ≪(地方の)知事は東京からお金を取ってくることを誇るのではなく、自らの足で郷土をつくる
気概を持つべきだし、地方のメディアも中央のメディアに依るのではなく、独自に報道、評論活動を
すべきである。ある地方紙の幹部にこう話したところ、幹部は「我々は県庁の主を決めることができる」
と見当違いの誇りを語った。また別の地方紙の局長は「県庁に行けば下にも置かない扱いを受ける。
県紙に何と書かれるかで彼らの出世も決まる」と昂然と言った。≫(皆川豪志)

[PR]
by akikomichi | 2015-07-22 12:19 | 日記 | Comments(0)