『蛍日記』

6月17日 水曜日 曇り時々雨。
21時30分。

蛍、今日も翔ばず。
見当たらず、なだけか。
ずっと見ていた方が、今日は見当たらないね。
とおしえてくれた。

しかれども、今年の蛍はよい蛍であった。
色々な場所に翔んでいってしまったようだが。
色々な場所で光り続けてくれた。

そういえば、今日は、蛙もないていなかった。
梅雨だというのに。

帰り道、近所の酒屋さんが光っていた。
一度は店じまいをしたのだが、久しぶりに店を開けたという。

近所の人が角打ちに来るんよね。
やっぱり開けてくれんねっていうんよ。

と おいちゃんは笑った。

酒と、あとは、たばこやね。
今、おいとるのは。

蛍族 ついえたと思ったら またついた。

ということか。

ちょうど梅をいただいたので、ホワイトリカーと瓶をさがしていたのだが、近所にはなく、梅ジュースをとりあえず作ることにし、折角の再開を祝うように、ささやかながら、缶ビールを買って帰った。

梅を氷砂糖と穀物酢で混ぜて、梅ジュースの原液を仕込む。
夏まで待てるだろうか。

久しぶりのビールはうまかった。



[PR]
by akikomichi | 2015-06-17 21:42 | 詩小説 | Comments(0)