自民、「占領政策」を独自検証 新組織立ち上げへ

自民、「占領政策」を独自検証 新組織立ち上げへ

 自民党が、終戦後の連合国軍総司令部(GHQ)による占領政策や東京裁判、現行憲法の成立過程などを検証する新組織の設置を検討していることが15日、分かった。戦後70年を機に、東京裁判で争われた内容や憲法制定の背景を振り返ることで「正しい歴史認識」を確認し、今後の改憲議論に反映させる考えだ。



~~~~~~~~~~~~


日本人として、人として、大いに期待している。

戦後、誰もが見て見ぬふりをしてごまかしてきたこと、できなかったことを、やり遂げるべきである。


[PR]
by akikomichi | 2015-06-17 06:20 | 日記 | Comments(0)