ひまわり 7月7日

ひまわりのちきゅうをめぐり めぐりあう 七月七日の七夕を待つ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

気象庁は27日、昨年10月に打ち上げた新気象観測衛星「ひまわり8号」の運用を、7月7日午前11時から始める、と発表した。近年相次ぐ局地的豪雨や火山噴火などの災害観測に威力を発揮するものとして期待が寄せられている。
 現在試験運用中のひまわり8号は気象衛星としては世界で初めて、カラー撮影が可能になるほか、解像度も、現行の「ひまわり7号」と比べて2倍に向上。これまでの白黒画像では雲と判別できなかった黄砂や火山灰がはっきり認識できるという。
 気象庁によると、ひまわり8号ではこれまでに、常に地球の方向を正しく向いているか姿勢を制御する装置の予備センサーに不具合が見つかっていたが、運用には問題ないとして、打ち上げから9カ月目の七夕に運用を開始すると決定した。
 日本付近の画像は、これまで30分ごとに1回だったのが、2分半に1回の間隔で観測できるようになる。気象庁によると、ひまわり8号が撮影したカラー画像は同庁のホームページで30分ごとに公開し、8月中旬をめどに2分半に1回のペースに切り替えていく予定。



[PR]
by akikomichi | 2015-05-28 19:13 | 短歌 | Comments(0)