南シナ海問題

 欧州連合(EU)のトゥスク首脳会議常任議長(大統領に相当)は26日、南シナ海で中国が進める岩礁埋め立てや施設建設について、「海上での建設活動が、この地域の問題解決を困難にするのは確実だ」と述べ、懸念を表明した。

 トゥスク氏は、東京で29日に開かれる日本とEUの定期首脳会議を前に、ユンケル欧州委員長(首相に相当)と共に、朝日新聞などの会見に応じた。EU首脳が重要なビジネスパートナーである中国に対し、領有権問題について踏み込んだ発言をするのは異例。中国が勢力を拡大しようとする東シナ海南シナ海の情勢は、首脳会議でも協議される見通しだ。

 トゥスク氏は「あらゆる当事者が力の行使を控えなければならないというのが、EUの立場」と説明。その上で、南シナ海で中国が進める岩礁の埋め立てなどの建設活動に懸念を示し、「だからこそ(EUも)共に解決策を見つけねばならない」と強調した。トゥスク氏は、年内に予定されているEUと中国の首脳会議でも「我々の立場は変わらず、同じ主張を繰り返す」と話した。


[PR]
by akikomichi | 2015-05-27 15:54 | 日記 | Comments(0)