南沙諸島のジョンソン南礁

ベトナム国営紙トイチェ(電子版)は19日、同国と中国、フィリピン領有権を争う南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島のヒューズ礁で「中国が違法に9階建てのビルを建てている」と写真つきで報じた。白っぽい色の「9階建て」とみられるビルのほか、建設中の複数の建物やクレーンがくっきりと写されていた。

 記事によると、写真は同紙の記者が13日に撮影。同礁の埋め立て面積は約10ヘクタールという。また国営紙タインニエン(電子版)も19日、南沙諸島のジョンソン南礁での埋め立て現場の写真を掲載。やはり高層の巨大な施設が建設されていた。

 米国防総省の分析では、南沙諸島全体で中国の埋め立てた面積は昨年末から4倍の約8平方キロメートル(甲子園球場の約200個分)に拡大している。現場の写真はこれまで主にフィリピンや米国、民間の軍事研究機関によって公開されてきた。ベトナムも写真の公開に踏み切り、国際社会に問題提起する狙いと見られる。(ハノイ=佐々木学)



[PR]
by akikomichi | 2015-05-21 13:04 | 日記 | Comments(0)