これ以上

自民、維新、次世代の3党は28日、統合型リゾート(IR)の整備を促す法案(カジノ解禁法案)を国会に再提出した。自民は今国会での成立を目指すが、連立を組む公明党が慎重姿勢を崩しておらず、法案成立の見通しは立っていない。


 法案は、超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(会長=自民の細田博之元官房長官)が作成。法案提出後、細田氏は「日本は観光で所得を上げていかなければならない。起爆剤として大規模のIR施設は必要だ」と語った。


 同法案は、成立後1年以内をメドに、政府がカジノ施設での不正行為の防止策など、詳細な制度や規制を定めた「実施法」を国会に提出することを義務づける。昨年6月の通常国会で審議入りしたが、同年秋の臨時国会で安倍晋三首相が衆院を解散したため、廃案となっていた。


~~~~~~~~~~~~

これ以上日本を腐らせるな。

[PR]
by akikomichi | 2015-04-29 07:40 | 日記 | Comments(0)