卑怯者

25日午前1時ごろ、福岡市中央区天神2丁目の警固神社でキツネの石像4体が破壊されていると110番通報があった。福岡県警中央署は器物損壊容疑で調べている。


 警固神社や同署によると、石像は警固神社の南側の今益稲荷神社の社殿前にあった。高さ40~60センチほどで、土台を含めると約1・5メートル。4体はすべて首と胴体が切り離され、耳やしっぽ、前脚が壊されているものもあった。1体は土台ごと倒されていたという。


 同日午前0時半ごろ、巡回していたNPO法人、日本ガーディアン・エンジェルス福岡支部の男性が発見した。約2時間半前には異常はなかったという。


 石像は「おいなりさん」という愛称で親しまれており、お参りすると商売繁盛などの御利益があるとされている。管理している警固神社の前田安文宮司(55)は「石像はご神体のようなもの。こんなことをする人がいるなんて恐ろしい」と話していた。(岩本翠)



~~~~~~~~~~~~

日本人にとっては、おいなりさんは、「狐憑き」的脅威を持って向き合うものであり、畏敬の念を持ちつつ、むやみにお参りするのも憚られるものということを知らないものの犯行と思われる。

動物的霊とされているので、肝を差し出す覚悟で願いを叶えるというような、命と引き替え的な意味合いもあると言われているが、三代祟られるとか、七代祟られるとかも言われているので、犯人は覚悟した方がいい。

四体というならば、二十八代祟れることを覚悟せよ、卑怯者。



[PR]
by akikomichi | 2015-04-26 07:14 | 日記 | Comments(0)