アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議

 【ジャカルタ時事】アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議が22日、インドネシアの首都ジャカルタで開幕した。安倍晋三首相や中国の習近平国家主席ら約20カ国の首脳が参加し、両地域の連帯強化に向け演説する。

 会議にはアジア・アフリカ地域の100カ国以上の代表が参加。期間中は活発な2国間外交も繰り広げられる見通しだ。

 開幕に先立って行われた記念撮影では、ホスト国のインドネシアのジョコ・ウィドド大統領の両側に安倍首相と習主席が並ぶなど、インドネシアが日中双方に配慮する姿勢がうかがえた。

 開幕演説でジョコ大統領は、アジア・アフリカ地域の団結を宣言したバンドン会議の意義を強調した上で、「植民地だった国は独立したものの、世界は依然として格差に満ちており、闘いはまだ終わっていない」と指摘。格差や貧困解消に向けた協調や、貿易や投資分野での経済協力の重要性を訴えた。

 首脳会議は50周年となった2005年以来10年ぶり。「世界の平和と繁栄を推進するための南南協力」をテーマに23日まで行い、閉幕時には両地域の経済協力や、過激派組織「イスラム国」などの過激主義やテロへの対処に向けた努力、貧困や格差是正に向けた協力を盛り込んだ「バンドン・メッセージ」を発表する予定。

また、両地域の協力を具体的に促進するための「戦略的パートナーシップ宣言」や、パレスチナへの支援を明記した文書も別個に採択する。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なかよきはことはよろこばしい。

[PR]
by akikomichi | 2015-04-22 15:55 | 日記 | Comments(0)