大江健三郎のたいざい

大江健三郎のたいざいは
戦中軍国主義少年だったのは
日本のせいだとし
戦後反日老人になったのは
日本のせいだとし
戦前日本に教えこまれた教育を
戦後は反日に教えこまれた教育を
真反対に受け入れるだけのたいざい

教えられたままをうのみにする少年は
謝罪するのは日本だけでいいとすりこまれた老人になり
自らのたいざいにふたをする
だって犠牲者だものね
なにもやってないものね
あのひとたちがかってにやってたんだものね
いわれたままにすりこまれただけだものね
己にはなにもかんけいないものね

日本をたたいたご褒美に
反日としてかつて日本人であった己のつみを
今の日本に押し付けることで
己のつみをなかったことにしようとしている国で
本を売りこんでもらえてよかったね
ノーベル賞をもらってよかったね
爆弾の元を作ったのーべるさんから
しょうがもらえてよかったね
魂は水死してるけどね

だっていつだってぼくは被害者だものね
日本人じゃないものね
世界市民だものね
世界市民だから
日本が爆撃をうけたのは
違う国のことのようだし
沖縄がせめられたのも
当時の日本の軍人といわれている今韓国や中国の人すべてが守れなかったから
日本人だけが悪いんだよね
全部「日本」の軍人や政府が悪いことになっているんだよね

新しい国は前の国を否定することで成り立つ
己のつみをおしつけることで踏み台にしようとするが
みながみている
己がしたことは
己にかえるのだと
いずれわかるであろう







[PR]
by akikomichi | 2015-03-15 09:26 | 日記 | Comments(0)