“中華民国”的批判

2015年3月10日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「台湾が強調、第2次世界大戦で勝利した“中国”とは“中華民国”だ」を掲載した。

【その他の写真】

台湾行政院は9日に記者会見を開き、2015年に一連の「抗日戦争勝利および台湾光復70周年」活動を開催することを発表した。7月7日の盧溝橋事件記念日から10月25日の台湾光復記念日まで、学術シンポジウム、講演会、展示会、演奏会など計16の記念活動が予定されている。日中戦争および第2次世界大戦で中華民国軍が果たした役割を強調するとともに、戦後の日中両民族の未来、平和と協力もテーマに組み込まれた。

終戦70周年の今年は中国本土でも記念式典が開催される。9月3日の抗日戦争戦勝記念日には軍事パレードが予定されており、国民党軍の老兵士やその子孫も招かれている。台湾政府は参加辞退は自由だとしつつも、日中戦争において主力を担ったのは中国共産党ではなく国民党だったと強調するよう求めている。

この日中戦争主力をめぐる論争は以前から続くもの。中国共産党の宣伝を台湾側は史実の捏造(ねつぞう)だと批判してきた。先日、中国の王毅(ワン・イー)外交部長は日本が歴史を真摯に見つめるよう発言したが、これを受けて台湾国防部政戦局の王明我局長は日中戦争の主力が国民党だったという歴史的事実も変えられないと指摘。日本を批判する中国が歴史をねじ曲げていると批判した。(翻訳・編集/増田聡太郎)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本を批判している中国共産党へ(助けを求められて加勢していた日本を裏切り陥れたともいえる)国民党中華民国的な批判をすることもままならず、戦後ドサクサに紛れて国民党を追いやり戦勝国といいはった中国共産党が勝ちというような、ごまかしごまかししてきた嘘の過去が、韓国、中国につきつけられている。

いままで、相手にもされず、黙殺されていたことが、ここ何年かで劇的に変わっている。

戦後、ここいらの歴史認識を教えられてこなかった日本人がまっとうな歴史を取り戻しているのが実感できる昨今ではある。

まだまだ、浸透しているとは言えないので、地道に繰り返し、深く広めていくほかはないだろう。
[PR]
by akikomichi | 2015-03-12 23:32 | Comments(0)