朝日の捏造記事を撤回し、謝罪するつもりがないのなら、日本人の学生は行かなくなるだろう

北海道の私立大学が「元朝日新聞記者の非常勤講師を辞めさせないと学生に危害を加える」と脅迫を受けていた問題で、学長が「来年度は講師を雇用しない」としていたこれまでの方針を転換し、「雇用の継続を決めた」と16日夜に開かれた学内の会議で報告したことが関係者への取材で分かりました。

札幌市の北星学園大学ではことし5月以降、「いわゆる従軍慰安婦の問題の取材に関わった朝日新聞の元記者の非常勤講師を辞めさせなければ学生に危害を加える」という内容の脅迫が相次ぎ、大学は10月、学生の安全や入試への影響などを理由に、来年度は講師を雇用しない方針を表明しました。
これに対し、大学の内外から「暴力的な脅迫で講師の人事が左右されれば、憲法で保障された学問の自由が損なわれる」という批判の声が寄せられ、大学が理事会などの場で改めて検討していました。
これについて北星学園大学は16日夜、学部長らを集めた会議を開き、関係者によりますと、田村信一学長がこれまでの方針を転換し、「来年度も講師の雇用を続けることを決めた」と報告したということです。




朝日の捏造記事を撤回し、謝罪するつもりがないのなら、日本人の学生は行かなくなるだろう。


捏造したままで平然としているなどもってのほかであり、その教授への信頼は一欠片もなく、それをゆるす大学への信頼も地に落ちるだろう。



[PR]
by akikomichi | 2014-12-17 09:04 | 日記 | Comments(0)