日本人の静かな憤慨と沈痛

https://www.youtube.com/watch?v=iWbVF3czGWA&feature=share

マイミクさんが紹介していたものである。
こういう事実があったのか。
今の人には、全く知らされていない。
知らされることを拒む見えない壁があるのみである。
その時代を生きていた人ならわかることなのか。
ここ日本で行われていた戦後の占領時の混乱を何もなかったように、知らんぷりする風潮が、いままで続いている。
こういうことは一切、触れられない昨今であり、日本はおかしい状態をごまかしごまかししてきたのである。
これを差別ということで、片付けられることは、できない。
けんさんが残していったものは、日本人の静かな憤慨と沈痛であった。


[PR]
by akikomichi | 2014-11-20 21:30 | 日記 | Comments(0)