中国による鹿児島県南さつま市沖でサンゴの密漁

 第10管区海上保安本部は17日、鹿児島県南さつま市沖でサンゴの密漁をしていたとして、中国人船長の男2人を外国人漁業規制法違反(領海内操業)容疑で現行犯逮捕した。小笠原諸島周辺などで中国漁船によるサンゴ密漁が深刻化しているが、10管によると、2人も「サンゴ漁が目的だった」と容疑を認めている。


 逮捕されたのは、梁菊夫(リャン・ジュフー)(51)、何長坤(フー・チャンクン)(33)の2容疑者。逮捕容疑は17日午前9時半ごろ、同市の野間岬沖西南西33キロの海上で、それぞれの船から網を海に投げ入れ、サンゴを取ろうとしていたとしている。


 地元漁協から「中国船らしい2隻の船を見つけた」と通報があり、巡視船が停船させた。船内にサンゴはなく、漁を始める前だったとみられる。船には中国国旗が掲げられ、両船長を含む8人ずつ乗船していた。同県では2012年12月、屋久島沖でサンゴを密漁した中国人船長1人が逮捕された。【土田暁彦、柳瀬成一郎】


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鹿児島県南さつま市沖でサンゴの密漁とは、沖縄だけでなく九州にも押しかけるあくどい密猟の波を知らず、能天気な輩は平和は保たれていると抜かす。

昔の倭寇などと同類である。

今は国籍がわかる場合が多いので、日本人がやったとごまかすことはできないが、大昔なら倭がやったと言いはっていたことであろうが、通用しない海賊の盗人行為。

国境をなくすということは、つまりそこに住むものの権利などを全て取っ払い強いものだけが奪い取れるという理屈である。
国益を考えないで行動すると言っているエセ日本人の国会議員は肝に銘じよ。
日本人はおこっている。
ばかにするのもたいがいにしろ。
ましてや屁理屈で正義面などするな。
武力と財力のあるものにへりくだるだけの小賢しい言い逃れをするな。
現実を見ていないものは、何も見ていないのと一緒である。

平和ボケにも程がある。



[PR]
by akikomichi | 2014-11-18 08:25 | 日記 | Comments(0)