「東京裁判で果たしたパール判事の役割忘れない」モディ首相

「東京裁判で果たしたパール判事の役割忘れない」 モディ首相

2014.9.2 11:22 [インド]

 インドのモディ首相は1日夜の安倍晋三首相との夕食会で、極東国際軍事裁判(東京裁判)で判事を務め、被告全員の無罪を訴えたパール判事の話題に触れ、その功績をたたえた。


 モディ氏はスピーチで「インド人が日本に来てパール判事の話をすると尊敬される。自慢できることだ。パール判事が東京裁判で果たした役割はわれわれも忘れていない」と述べた。


 首相は第1次政権時代の平成19年8月にインドを訪問した際、パール判事の長男、プロシャント・パール氏と面会している。首相の判事への思い入れは強く、両首脳は「歴史」を通じてさらに友情を深めた。


 インドのパール判事は東京裁判に対する意見書で、戦勝国が事後法により敗戦国を裁くことに疑問を提起し、原爆投下を批判した人物として知られる。



sankei ~~~~~~~~~~~


被害者・加害者双方の確たる証言者なき一方的な裁判を根拠なき根拠にして、今までみてもないのに、あることないことをまくし立ててきた情けないものには、見えないものがあるのである。


その時代を生きていたものだけが知る、事実を。


一方的でない見方ができる方こそ、これからの世界を引っ張っていくことができると確信している。


これまでも、これからも日本とインドは末永く友情をはぐくめることを、心から願っている。



[PR]
by akikomichi | 2014-09-02 14:54 | 日記 | Comments(0)