オランダのウィレム・アレクサンダー国王

菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、オランダのウィレム・アレクサンダー国王が10月28日から31日まで国賓として来日すると発表した。菅長官は「わが国の皇室とオランダ王室は特に親密な交流を重ねてきた。さまざまな友好関係が一層進展するよう期待する」と語った。 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

王室のある国というイメージにとらわれないものをオランダには感じている。
それというのも、留学生の方々との交流で、いろんな国出身と思われる方々がいらっしゃたので、かなりな多国籍感があるからなのだが、とにかく、さまざまな友好関係が一層進展するよう期待する。

過去ばかり見て前に進まないものとは決して繋がれない。
前向きなものと繋がりたいものである。

[PR]
by akikomichi | 2014-08-29 13:55 | 日記 | Comments(0)