終戦の後

終戦の後にどれだけ立ち上がりあるいていたのか かみしめてみたか
いつまでも敗戦奴隷でいるものは戦後恩恵を受け続けていたものだけ
そんな恩恵も知らずに育った者達は世間に出て初めて気づく馬鹿さ加減
こんな世界など糞食らえと思うのも無理は無い 
いつまでも負けた気のままのほうが都合がいいものばかりがはびこるのに
いいかげん うんざりしていたのだ
やっと日本人はその押し付けられた弱さから解放され
内側から変わり始めている
変化についていけない者達はいつまでもいつまでたっても
敗戦にしばられて飼いならされて身動きがとれない
彼らは己に対しても敗者のままだが
戦いの終わりを知る者たちは立ち上がり前をむき歩き続けられる
いつまでも負けたままでいたいものは
いつまでも世界にも己にも負けていればいい
もうそのようなものいいに囚われたくはない
これからの世代には通用しない
新しい世界が待っているのだから


[PR]
by akikomichi | 2014-08-16 09:23 | 短歌 | Comments(0)