微小粒子状物質(PM2・5)

 福岡市は2日、健康への悪影響が心配される微小粒子状物質(PM2・5)の1日の平均値が国の環境基準(1立方メートルあたり35マイクログラム以下)を超え、同40・7マイクログラムになるとの予測を発表した。環境基準の超過予測は2日連続。市では、呼吸器系疾患やアレルギーがある人に外出時のマスクの着用やうがい、目を洗うことなどを呼びかけている。

[PR]
by akikomichi | 2014-07-02 13:30 | 日記 | Comments(0)