雑所得格差

与野党10党首の2013年の所得総額を、30日に公開された所得報告書で比べたところ、生活の党の小沢一郎代表が5859万円でトップ。3377万円で2位の安倍晋三首相(自民党総裁)らを大きく引き離した。

 小沢氏は12年7月に自ら旗揚げした政党「国民の生活が第一」(現生活の党)代表に就任。以来、2年連続で首位に立った。13年は講演料や原稿料などを合わせた「雑所得」が前年より450万円増えて、4419万円だった。

 民主党の海江田万里代表は1473万円で9位。最も所得が少なかったのは日本維新の会の石原慎太郎共同代表の1368万円だった。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国民のために 何かをしたのだろうか 雑所得格差広がるばかり 

[PR]
by akikomichi | 2014-07-01 02:38 | 日記 | Comments(0)