「力による一方的な現状変更に強く反対する」と明記した共同声明

【シンガポール共同】小野寺五典防衛相は30日、訪問先のシンガポールで米国のヘーゲル国防長官、オーストラリアのジョンストン国防相との3カ国会談に臨んだ。東シナ海と南シナ海で実効支配強化へ動く中国の動向を念頭に「力による一方的な現状変更に強く反対する」と明記した共同声明を発表した。

 日中情勢に関して小野寺氏は、東シナ海上空での中国軍戦闘機による自衛隊機への異常接近を説明し、米豪両閣僚との間で国際法を順守する重要性を確認した。
北朝鮮情勢に関し、3氏は核・ミサイル問題で引き続き緊密に連携する方針で一致した。

[PR]
by akikomichi | 2014-05-30 22:59 | 日記 | Comments(0)