パチンコ店はいらない

大阪市の土地信託事業で2004年に経営破綻(はたん)した遊園地「フェスティバルゲート」(大阪市浪速区)の跡地利用で、土地を所有するパチンコ大手「マルハン」が「韓流テーマパーク」の建設計画を撤回した。パチンコ店や量販店の建設に向け、地元と調整に入った。市は7日の戦略会議で、3月で切れた事業履行の期間を1年間延ばす契約変更を了承した。

 フェスティバルゲート跡地(約1万4千平方メートル)は09年にマルハンが市から計約14億円で落札。同社は13年7月に日本初の韓流テーマパークを14年秋に開業する計画を発表した。

 ところが、同社は5年間の事業履行の契約期間が切れる3月、「日韓関係の悪化」を理由に市側に計画の見直しを申し入れた。市や地元自治会の関係者によると、同社はパチンコ店と量販店の複合施設にする案を地元に新たに示し、年内着工を目指しているという。

~~~~~~~~~~~~~

パチンコ店はなおさらいらない。
[PR]
by akikomichi | 2014-05-08 07:59 | 日記 | Comments(0)